科学者の責任を考えるために. 原爆を作ったことを後悔していないのかと質問されたブッシュは、明快な口調で、堂々とこう答えている。 「ノー。 もちろん、ないね。 われわれの目的は原爆を作ることではなかった。 戦争に科学技術を活用しただけだ。 誘導ミサイルもロケットも同じさ。 こうなることは必然だったんだよ ジュリアス・ロバート・オッペンハイマー(Julius Robert Oppenheimer, 1904年 4月22日 - 1967年 2月18日 )は、アメリカ合衆国の理論物理学者。. The Responsibility of the Scientist, S. Uchii. the page 原爆とはどのようなものだったのか? どういう経緯で生まれたのか? 戦後70年を迎える今年、「原爆の父」と呼ばれるオッペンハイマーという人物を中心にあらためて振り返ってみ … 原爆は科学がもたらした恵みなんだ」 のちにmitの副学長にまで上り詰めたブッシュは、1929年の大恐慌で職を失い、多くの科学者が路頭に迷った経験から、戦争に貢献することで科学者の社会的地位を上げようという野心に燃えていた。 8月6日は広島、9日は長崎に原爆が投下された日です。原爆によって、広島では14万人、長崎では7万人の命が奪われました。では原爆とはどのようなものだったのか? どういう経緯で生まれたのか? 戦後70年を迎える今年、「原爆の父」と呼ばれるオッペンハイマーという人物を中心にあらためて振り返ってみました。, 1938年12月、ヒトラー政権下のドイツの科学者が核分裂エネルギーを発見しました。分裂性のウラン235に中性子を当てて得られる巨大なエネルギーを爆弾にする可能性が生まれたのです。ナチスの迫害から逃れてアメリカにいたアインシュタインら亡命ユダヤ人は、ドイツの原爆開発をアメリカが注視し、迅速な行動を取るべきとの書簡をルーズヴェルト大統領に送ります。, 39年に「ウラン委員会」が置かれ、ニューヨーク・マンハッタン管区の陸軍研究所に由来する「マンハッタン計画」が、イギリスと共同で秘密裏に始まりました。兵器としての開発は41年10月以降です。43年設立のニューメキシコ州ロスアラモス研究所を中心に進められました。初代所長が物理学者のユダヤ系アメリカ人の物理学者ロバート・オッペンハイマー。ナチスより先に原爆を製造するのが至上命題でした。, 原爆の製造には天然ウランに0.7%しか含まれていないウラン235を濃縮する必要があるので、天然ウラン6000トンを内外で獲得し、濃縮工場はもとよりウランから、原爆に応用できるもう1つの元素プルトニウムを分離する工場、爆弾製造所などを続々と造り、最大で約12万人ともいわれる人員と、当時の日本の国家予算をも上回る20億ドルもの巨費を投じてまい進します。, 所長のオッペンハイマーは、1904年生まれ。いわば「万能の天才」で12歳で研究論文を書き上げてハーバード大学化学科をトップで卒業しました。25歳で大学助教授、32歳で教授へ就任しています。能力に加えてユダヤ系の一流原子物理学者のリクルーターとしても手腕を発揮しました。44年には最大の難関であったウラン濃縮のメドが立ちました。, ところが翌45年5月、最大の不安材料であったナチス・ドイツが降伏。ヒトラーは直前に自殺しました。第二次世界大戦を戦う枢軸国が日本のみとなっても、4月に死去したルーズヴェルト大統領の後任として副大統領から昇格したトルーマン大統領の下、原爆製造は進められます。, そしてついに、テネシー州オークリッジの施設でウラン型の、ワシントン州ハンフォードではプルトニウム型の原爆計3つの製造に成功し、7月にニューメキシコ州アラモゴードでプルトニウム型の核実験に挑みます。これが暗号名トリニティ(三位一体)から取った「トリニティ実験」です。, 実験は成功に終わり、オッペンハイマーは興奮に体を震わせたといわれています。実験場がある場所は観光地としても有名なサンタフェから車で約3時間半のところにあり、今でも4月と10月の2回、一般公開されています。, 45年5月には、日本への原爆投下を具体的にどこにするか会合が持たれ、京都、広島、横浜、小倉の4都市が挙がっていました。7月には対日戦争終結のため米英ソの首脳が集まってのポツダム会談が行われ、宣言が出されました。4月から就任していた鈴木貫太郎首相は表向き宣言受諾を拒否しつつも、中立条約を結んでいたソ連の仲介などで、何とか終戦に至れないか密かにはかっていました。, トリニティ実験成功の報はポツダム会談の直前に、トルーマン大統領へ届いています。しかし宣言には原爆の存在はまったく述べられていませんでした。実験が行われたのと同じ日に、ウラン型原爆が出撃基地のあるテニアン島へ運ばれていきます。, 8月6日朝、戦略爆撃機B29の一機で愛称「エノラ・ゲイ」が広島にウラン型原爆「リトルボーイ」を投下。世界で初めて原子力が戦争目的に使われ、14万人が亡くなりました。9日にはプルトニウム型原爆「ファットマン」が長崎に落とされ、7万人の命を奪いました。, 日本軍および政府の動揺は激しく、同日に対日参戦したソ連の動向も相まってポツダム宣言の受諾を最終的に昭和天皇が決断し、レコードに吹き込んだ終戦の詔書が15日に流され、事実上、終戦となりました。詔書に「敵は新(あらた)に残虐なる爆弾を使用して」とあるように、原爆のもたらした脅威は甚大でした。, この結果を「原爆の父」となったオッペンハイマーはどう受け取ったのでしょうか。彼は日本への投下を支持しており、広島での「成果」を自慢げに研究員へ語ったとされています。ところが広島、長崎の惨状を知ってからは態度が微妙に変わります。, 自らの発明で信じがたい人命を失い、トップ科学者ゆえに投下後の放射能被ばくも予見できたオッペンハイマーがふさぎ込んでいたり、後悔とも取れるような発言をしたのを多くの人が証言しています。10月には研究所を去りました。, 戦後すぐに主張を始めたのが「核兵器の国際管理」です。連合国勝利でまだ沸き返っている中、いち早くソ連が原爆を開発し、他にも拡散するのを予見して、そうなる前に核管理の枠組みを作ってしまうのが得策という発想です。果たして49年に核実験を成功させ、以後米ソの冷戦が激化していきます。, オッペンハイマーらがイメージしていた国際管理とは多少異なった形ながら、1968年には核兵器拡散防止条約(NPT)が制定され、今日まで不完全とはいえ、核不拡散の唯一の防波堤となっています。, また彼は原爆よりさらに大きな威力がある水素爆弾開発にも反対しました。原爆以上の惨禍を出現させないためであるとか、アメリカの水爆実験成功が却ってソ連の開発を促進する契機になるからとか、反対の理由は諸説あります。原子力委員会に所属していた彼の発言は推進派も一目置かざるを得ませんでした。, いわば「邪魔者」になってきたオッペンハイマーを襲うのが「赤狩り」です。共和党のマッカーシー上院議員を中心とする政府内に巣くう共産主義者のあぶり出しに彼も引っかかってしまうのです。, ナチスに対抗すべく、愛国者としてマンハッタン計画に参加する前のオッペンハイマーは、30年代の一時期左翼系の知識人と交流していたほか、弟や妻が共産党員や元党員であったなどの行動が米連邦捜査局(FBI)などの尾行や盗聴で明らかにされ、「スパイ」の疑いをかけられました。結局、危険人物とのレッテルを貼られ、公職から追放されてしまいます。そのまま静かな一学究に戻り、67年に死去しました。, 直前の63年、民主党のジョンソン大統領がアメリカの物理学に貢献した者に与えられるエンリコ・フェルミ賞を授与して名誉を回復したのが、せめてもの救いでした。, 後年になって核実験を振り返って回想した言葉として有名です。ヒンズー教の聖典の一節から引き出したとされています。「原子力は生と死の両面を持った神である」とも述べています。, オッペンハイマーは原爆投下には賛成したし、製造そのものを後悔した様子もありません。ナチスに対抗するという信念は間違っていなかったし、他に選択肢もなかったと。では何を後悔したのかというと、はっきりしたことは分かりませんが、原爆を生み出した行為自体を罪として抱えていたのではないでしょうか。, 「破壊者なり」の言葉の前に述べた「世界は今までと同じ世界ではなくなった」が、それをうかがわせます。国際管理を訴えたのと合わせて考察すると、核兵器を二度と使わせないようにしようというのが「原爆の父」としてできる、せめてもの罪滅ぼしと考えていたのかもしれません。, 毎日新聞記者などを経て現在、早稲田塾論文科講師、日本ニュース時事能力検定協会監事、十文字学園女子大学非常勤講師を務める。著書に『マスコミの秘密』『時事問題の裏技』『ニュースの歴史学』など。【. ドイツ出身の物理学者アルバート・アインシュタインは平和主義者として有名だったが、1939年にはアメリカ大統領フランクリン・d・ルーズベルトに宛てた、原子爆弾の開発を求める書簡に署名した。アインシュタインやその他の科学者たちは、ナチス・ドイ 科学者の責任を考えるために. S 科学者たちはまったく原爆計画に疑問を抱かなかったのですか。 T はい。実は、科学者たちには極秘にしましたが、1944年初頭には政策決定者らはドイツ原 爆なしとの情報を得ていました。というわけで、戦争終結まではおおむねそうでした。 マット・デイモンの豪邸が売出し中...7ベッドルーム、大きなプール付きで2100万ドル, 愛する娘のために! 公開霊言レポート 「原爆投下すべきでなかった」 公開霊言でトルーマン元米大統領が激白謝罪 大川隆法総裁公開霊言 「原爆投下は人類への罪か?」 2013年6月3日収録 「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり … 原爆開発計画に参加した97歳科学者が持ち続ける危機感とは <忘れられた声~世界初の核実験から75年㊦> 2020年7月19日 05時50分 お礼日時:2005/09/04 21:48. 責任。科学者の責任。アインシュタインという偉大なる物理学者の、原爆製造ならびにその被害に対する責任。 アインシュタインは、自分自身の「責任」というものを、そのようには考えてい … 1939年頃のアインシュタイン(左)と、1971年10月のフランス領ポリネシアでの核爆発(右)。, MPI/Getty Images/Michel BARET/Gamma-Rapho via Getty Images, 第二次世界大戦が勃発する1カ月前の1939年8月2日、ドイツ出身の物理学者アルバート・アインシュタインはアメリカの大統領フランクリン・D・ルーズベルトに宛てた、2ページにわたる書簡に署名した。これがアメリカを核軍拡競争へと引き入れ、歴史を変えることになった。, アインシュタインは当時、ナチスが権力を掌握したドイツを逃れ、すでにアメリカにいた。そして、ドイツの科学者たちが「核分裂」を発見したことを知った。, 書簡は、この発見によって「新しいタイプの極めて強力な爆弾」が作られる可能性がある —— そして、爆弾は港とその周辺地域全てを破壊し得る —— と、ルーズベルトに警告した。, のちにアインシュタインが「大きな誤り」と呼ぶことになるこの書簡は、ルーズベルトにアメリカにおけるウラン研究を加速させるよう求めた。, アインシュタインの警告は、アレクサンダー・ザックス(Alexander Sachs)によってルーズベルトに伝えられた。爆弾に関する同様の警告を伝えたのもこの人物だと、当時のニューヨーク・タイムズが報じている。, ルーズベルトはこう言った。「アレックス、君が望むのはナチスが我々を吹き飛ばさないことか」, 世界初の核爆発によるキノコ雲の写真(ニューメキシコ州アラモゴード近くのトリニティー試験場、1945年7月)。, ユダヤ人のアインシュタインは、ハンガリー生まれの物理学者レオ・シラード(Leo Szilard)の勧めでルーズベルトに書簡を書いた。シラードは、この新たに発見された技術をドイツが武器を作るのに使うだろうと考えていた。, シラードと、ハンガリーの物理学者でともに難民となっていたエドワード・テラー(Edward Teller)とユージン・ウィグナー(Eugene Wigner) は、彼らの深刻な懸念をアインシュタインに伝えた。ルーズベルトに宛てた書簡を書いたのはシラードだが、署名したのはアインシュタインだった。これは最も権威があるのはアインシュタインだと彼らが考えたからだ。, March Of Time/The LIFE Picture Collection via Getty Images, アトミック・ヘリテージ財団のプレジデント、シンシア・ケリー(Cynthia Kelly)は2017年、ナショナルジオグラフィックに対し、アインシュタインの有名な"質量とエネルギーは形の異なる同じもの"という発見がこうした武器開発の土台を作った一方で、「彼は間違いなく、この理論を武器として考えてはいなかった」と語った。, そして、アインシュタインはエネルギーがいかにして利用できるかについて詳細を明らかにしたことはなく、かつて「自分自身を原子エネルギー解放の父とは考えていない。わたしが果たした役割は非常に間接的なものだ」と語っていた。, アインシュタインの書簡は、効果があった。ルーズベルトは1939年10月、アインシュタインの書簡を受け取った同じ月にウラン諮問委員会(Advisory Committee on Uranium)を作った。この時点で第二次世界大戦は始まっていたが、アメリカはまだ関与していなかった。, 諮問委員会はその後、マンハッタン計画へと姿を変えた。アメリカのこの極秘プロジェクトが原爆を開発し、それが1945年8月、広島と長崎に投下され、数多くの犠牲者を生んだ。, 原爆投下の数日後、日本はポツダム宣言を受諾、無条件降伏をし、実質的に第二次世界大戦が終わった。, ナチス・ドイツは核兵器を開発しなかった —— 本格的に開発しようとしたこともなかったようだ。, アインシュタインは原爆の開発には携わっていない。ドイツ人で、左派寄りの政治活動家であったことから、アインシュタインは安全上のリスクが高すぎると見なされ、マンハッタン計画への参加を許されなかった。, だが、日本で原爆が投下されたと聞いたとき、アインシュタインは「なんということだ」と言った。, その後、アインシュタインは「ドイツが原爆の開発に成功しないと知っていたら、爆弾のために何かをすることはなかっただろう」と語っている。, 「我々はこうして前代未聞の大惨事へと徐々に向かっていった」とも、アインシュタインは警告した。, アメリカの大統領ルーズベルトと会談するイギリスの首相ウィンストン・チャーチル。この会談で、両首脳は原爆に関する計画を決めた(1942年6月)。, Keystone-France/Gamma-Keystone via Getty Images, 2005年に公開された手紙で、アインシュタインは日本人の友人に対し、「わたしは日本に対する原爆の使用を常に非難してきたが、わたしはあの運命の決断を阻止するために何もできなかった」と書いている。, また、1952年には日本の雑誌に「こうした実験が成功すれば、全人類にとって恐ろしい危険となることを十分認識していた」と書いた。, ※この記事はもともと2019年8月6日に公開されたもので、タイトルの一部を更新して改めて公開したものです。, [原文:Albert Einstein wrote to the US pleading with the government to build an atomic bomb 80 years ago. Albert Einstein wrote to the US pleading with the government to build an atomic bomb 80 years ago. マンハッタン計画に参加し、科学者チームのリーダーとして原子爆弾制作を主導したオッペンハイマー。「原爆の父」と呼ばれ、当時は原爆製造の功績を喜んでいましたが、実際の惨状を知ると、後悔の念に晒されるようになります。 今年8月6日、NEWS23「綾瀬はるか 戦争を聞く」の特集で、2005年の特別番組『ヒロシマ~あの時、原爆投下は止められた』の「原爆開発科学者と被爆者の対話」が放送されました。撮影は2005年6月。これを機会に、対話の全内容とともに、取材秘話も加えて掲載します。 アインシュタインが原爆の事を後悔したというのは本心じゃないでしょう?科学者として格好悪いからそう言いだしたのでしょう?ドイツ人やヨーロッパ人のユダヤ人嫌いも、ユダヤ人にはそういう面があるからでしょう 彼の弟子のユダヤ人達は原爆が日本向けになっても、大喜びで … マンハッタン計画とは、アメリカにおいて1942年に開始された、原子爆弾開発のプロジェクトです。 背景には、1939年始まった第二次世界大戦があります。1938年にドイツでウランの核分裂が発見され、ナチス政権下で原爆が開発されようとしていました。その危機感から、アメリカでも原爆開発が行われたと思われます。 参考:マンハッタン計画 (16-03-01-09) 参考:ドイツの原子爆弾開発 – W… これをもって原爆の開発者とするのは、言いがかりも良いところです。"アインシュタインは原子爆弾製造に関しては一切関与して"いないというのが本当のようです。 これは特に日本で多い誤解なのかもしれません。以下のような逸話もあります。 第二次世界大戦後、日本の哲学者で雑誌「改� bs1スペ「『悪魔の兵器』はこうして誕生した-原爆 科学者たちの心の闇」を見終わりました。 科学者が開発を進言・推進し、科学者が多くの民間人が住む都市へ投下することを希望したーーー科学的冒険心が嗜虐的な軍事戦略に引っ張られた産物だ。 責任。科学者の責任。アインシュタインという偉大なる物理学者の、原爆製造ならびにその被害に対する責任。 アインシュタインは、自分自身の「責任」というものを、そのようには考えていなかった。 1人の父親がトランスジェンダーの女の子向けのアパレル「ルビーズ」を立ち上げた, エアストリームの最新モデルはオフィス付き...高級キャンピングトレーラーもパンデミック対応, ピーター・ティール、セルゲイ・ブリン、ジェフ・ベゾス...世界クラスの起業家がすすめる必読書26冊【後編】, ベゾス、マスク、バフェット...著名経営者ら激賞。リーダーシップに磨きをかける必読書26冊【前編】, 「古い世代のブランド」米ヤフーニュースが“TikTok戦略”で復活を遂げた理由。フォロワーは100万人突破, 昭和=組織、平成=個人、では令和は? Copyright © 2021 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved. Registration on or use of this site constitutes acceptance of our. Here's what he said.]. 「原爆の被害者であることを強調して相手を非難したり、自己満足のために謝罪を求めることは、歴史の観点から見れば意味のないことです。問題は ”過去から何を学ぶか?”です。 歴史は過去を学ぶ教室です。そこで学ぶことは、教科書の中の単なる名前や言葉、数ではありません。生き方� 内井惣七 京都大学大学院文学研究科 [English Abstract//English version][この論文は、『大学の物理教育』1998-3号、pp.4-8 に掲載された同名の論文を増補したもの。5節後半および二箇所の注と参考文献1点とが新たに付け加えられている。 2つの“ショック”で幕開けたニューキャリア時代の攻略法, 音声SNS「Clubhouse」創業者2人、苦節10年の物語「9つのソーシャルアプリを過去に捨ててきた」, 大がかりな市場リサーチなんて必要ない。自社を「マーケティング企業」に変身させる2大思考フレーム, テスラがビットコイン1600億円購入。イーロン・マスクの「謎ツイート」と株価急上昇の微妙な関係, 【佐藤優】孤独は1日たばこ15本と同じくらい有害。抜け出すには「自分」ではなく「環境」を変えよ. 原爆の生みの親って正確には誰ですか?アインシュタインって本に書いてあったんですが… 原爆の生みの親=原子爆弾の父=オッペンハイマーです。1942年6月、ルーズベルト大統領はある国家プロジェクトを発足させる。 また、原爆は、数々の有能な科学者により生まれた「知の結晶」という印象をGanymedeさんの回答からうけましたが、彼らの知識が殺戮のため使用されるとは。アインシュタインが心を傷めたのも当然ですね。それとノイマンすごすぎ…。 通報する. 広島はきょう、70年目の「原爆の日」を迎えた。式典に参列した安倍首相は「核兵器のない世界の実現」を誓ったが、被爆の風化は避けて通れない課題でもある。20世紀の科学史最大の発見とも言われる核エネルギー。世界唯一の被爆国である日本に、核は何をもたらしたのか。. 太平洋戦争末期、アメリカは日本の「原爆開発」を疑った。いったい何が?米国議会図書館で見つかった新資料や関係者の話などから、戦後75年目の真相を明らかにする。 太平洋戦争末期、海軍は「原子の力を使った新型爆弾の可能性」を京都大学の科学者に探らせる。 オッペンハイマー(Oppenheimer)ユダヤ系アメリカ人の物理学者である。理論物理学の広範な領域にわたって国際的な業績をあげたが、第二次世界大戦当時ロスアラモス国立研究所の所長としてマンハッタン計画を主導。オッペンハイマーの名言集原子力 科学者がどんなに「事実」を並べても、"反ワクチン"が強く支持される理由 多くの知性派は世界を憂いている。 一体なぜ、ここまで事実が積み上 しかし、極秘の原爆開発計画「マンハッタン計画」に加わっていたノーベル物理学賞受賞者で、シカゴ大治金研究所にいたフランク教授ら科学者の間に、無警告で投下することに反対する動きがあった。 フランク教授や、シラード博士ら七人の科学者は一九四五年六月十二日、「政治的および� The Responsibility of the Scientist, S. Uchii. 20世紀の天才科学者、オッペンハイマーが、マンハッタン オッペンハイマー(Wikipedia) (原爆製造)計画の責任者となりました。 マンハッタン計画は、アメリカの最高機密。 原爆製造に当時かかわっていたのはアメリカとナチスドイツ。 Clubhouseを使ってみた。10カ月で200万ユーザーを集めた音声SNSは業界の新たな勝者となりうるか? 反原発運動に1960年代から関わった原子核物理学者の荻野晃也さん(京都府宇治市)が今年6月に80歳で亡くなり、遺著「科学者の社会的責任を問… 原子爆弾をアインシュタインが開発したと思っている人が大勢います。開発者とまでいわなくても、原爆開発の責任をアインシュタインに求める意見はよく見ます。実際はどうなのでしょうか? とりあえず、わかっている事実だけを挙げて、自分の考えを示したいと思います。 科学者のみに科学研究の責任を負わせるのは無理がある 好奇心に駆り立てられた結果、原子爆弾が開発され投下されてしまった。 しかしそこでの研究におかげで科学は大きく進展し、原子力発電、コンピュータなどより良く社会を変える力を持ったものが生まれた。 けれど、ナチスは原爆の開発に失敗した。だからアメリカはこの時点で開発を止めてもよかったのだ。だが、1度歯車が動き始めると止めることができないように、科学者たちは原爆を完成させたいという欲望にかられて、開発を進めていった。 内井惣七 京都大学大学院文学研究科 [English Abstract//English version][この論文は、『大学の物理教育』1998-3号、pp.4-8 に掲載された同名の論文を増補したもの。5節後半および二箇所の注と参考文献1点とが新たに付け加えられている。 先日、友達が「アインシュタインが原爆を作ってそれが日本に投下された。」といっていたのですが、日本に投下された爆弾はアメリカのマンハッタン計画によるものですよね?でも、その計画にアインシュタインは参加したのでしょうか?僕は No.1. Here's what he said. (原爆の開発にかかわった)科学者らが自責の念を示すと、ひどく感情的に反発した」 やはり、大統領、そして国家に「過ち」はあってはならない、その思いが「後悔に1分たりとも時間を費やすな」という言葉と、「指パッチン」という態度につながったのだろう。 増収増益のソフトバンクG決算。孫正義氏「質疑応答含め100分」語りまくったビジョン・ファンドの現在地, 中国にもClubhouse上陸、当局ブロック視野に「Clubhouse中国版」つくる起業家も, 投資顧問歴41年の専門家が警告する「40%の株価下落」。契機となるインフレはいつ起きるか, 渋谷区が初めて「副業」人材を募集、開始4日で100人応募。“スタートアップの街”に必要な人材とは?, トランプ元大統領のホテル、3月4日の宿泊料を約3倍に値上げ… 背景に「ソブリン・シチズン運動」?, エアストリームの最新モデルはオフィス付き…高級キャンピングトレーラーもパンデミック対応, リノベで「リモートワークスペース」確保は7割に。コロナ後の住宅はどう変わっていくか, Copyright © 2021 Mediagene Inc. All rights reserved. アインシュタイン=シラードの手紙(アインシュタイン=シラードのてがみ、Einstein-Szilard letter)では、1939年、物理学者アインシュタインからフランクリン・ルーズベルト大統領宛に送られ、アメリカの原子爆弾開発のきっかけのひとつとなったことで知られる手紙について述べ … 原爆の生みの親って正確には誰ですか?アインシュタインって本に書いてあったんですが… 原爆の生みの親=原子爆弾の父=オッペンハイマーです。1942年6月、ルーズベルト大統領はある国家プロジェクトを発足させる。 理論物理学の広範な領域にわたって国際的な業績をあげたが、第二次世界大戦当時ロスアラモス国立研究所の初代所長としてマンハッタン計画を主導。 知的好奇心に突き動かされ、ひたすらに研究を進めた科学者たち。しかし、彼らが開いた原子力の扉は、ヒロシマ、ナガサキ、そしてフクシマの� 計画に関わる科学者にも反対の動きが出て、中でもシラードは1945年7月になって約70人の署名を集めて「道義的に問題だ」と無警告の使用に反対する嘆願書を提出。しかし握りつぶされ、原爆投下を決断したトルーマン大統領に届かなかった。 アインシュタインは、後日この行為を後悔し、科学者のライナス・ボーリングに、「私は生涯で大きな過ちを一つ犯しているが、それは原爆を開発するようにルーズベルト大統領に進言する書簡を書いたことだ」、と認めた。